診察についてのご案内

一般的診療

※緊急を要する場合や診療内容に応じて診察の順番は多少前後することをご了承ください。
※当院では手術および特殊検査(時間のかかる検査)を一般診療時間内に行う場合があります。その際、一般診療よりも手術(または特殊検査)を優先することがあります。そのため待ち時間が通常より長くなることがあります。

飼い鳥の診療

犬や猫だけでなく家族の一員として鳥と生活する方のために、鳥の体調が悪くなった時にサポートできるように、当院では飼い鳥(愛玩鳥)の飼育相談、健康診断、診察/治療にも力を入れて取り組んでおります。 鳥は犬、猫などの哺乳類の構造とは解剖学的、生理学的にもまったく異なる動物なため、それを十分理解した上で診察をさせていただきます。

  • 来院される際には、できるだけ小型鳥の場合はプラスチックケージ、小さめのカゴなどに入れて保温しながら来院して下さい。
    中型、大型鳥の場合には犬猫用キャリーや特殊専用キャリーに入れると良いでしょう。またケージを布などで被って来院して下さい。(水入れも抜いておくと良いでしょう。)
    冬などの寒い時期は受付後、車内で待っていただいても結構です。
  • 鳥の診察は、問診(飼い主様に話を聞くこと)だけでも時間がかかりますので、余裕をもって来院してください。また事前に自宅での飼育環境について答えられるようにして下さい。
    (自宅での飼育環境を写真に撮っていただくと分かりやすいと思います。)
  • 必ず診察する鳥の世話をしている方が連れて来てください。
  • 当院では鳥の予約診療を行っていないため病院には犬、猫の患者様も来院いたします。鳥は他の動物の鳴き声などに反応しパニックを起こしたり、おびえたりする場合がありますので、中待合室をご用意しておりますので、ご利用ください。詳しくは受付スタッフにお聞き下さい。
  • 健康診断、診察をご希望の方は新鮮便をいくつかサランラップに包んで持って来てください。遺伝子検査をご希望の方は、何日分かをまとめて持って来てください。(その際、新聞紙や床材などが付着しないようにお願い致します。)
  • 鳥の診療を行う獣医師が往診や学会、セミナーなどで留守にする事がありますので、初めて来院する方は必ず事前に確認(連絡)をしてから来院してください。

予防的診療

  • ワクチン接種
  • フィラリア症予防
  • ノミ・ダニ予防などの各種予防診療

定期健診

  • 若齢~高齢動物まで各種検査により定期的な健康診断が受けられます。(内容についてはご相談下さい。)

女性獣医診療

  • 動物が男性獣医師だと怖がってしまう場合、飼い主さんが同性の獣医師のほうが相談しやすい場合などに対応いたします。受付にてご相談ください。

特別診療

  • 動物の病状によっては大学病院などの専門機関にご紹介をいたします。

東洋医学

  • 当院では、鍼や温灸、レーザー治療器などによる治療を行っております。体のエネルギー(気)の流れる道(経絡)に順じて内蔵につながるスイッチ(ツボ)をほぐして治療しております。

新しい創傷治療

  • 当院では、新しい創傷治療として湿潤療法(うるおい治療)を行っております。うるおい治療とは傷を乾かさず、消毒薬を使用しない治療法です。動物のなかなか治らない外傷や手術創などでお悩みの方は一度ご相談ください

アロマテラピー

  • 現在は人もペットもストレスで体調を崩す時代です。良い香りは嗅覚を刺激して、心と身体のバランスを取り戻すように働きかけ、自然治癒力を高めていきます。
診療時間
  • 月曜日 ~ 金曜日
  • 午前8:00  ~  午後8:00まで
  • 土曜日
  • 午前8:00  ~  午後5:00まで
  • 日曜日・祝日
  • 午前8:00  ~  正午まで
  • 詳しくはこちら
  • あっぷる獣医科病院の診療時間の表
  • *月曜日〜土曜日の午後12:00〜午後3:00手術および往診の優先時間となります。この時間帯に来院する際はあらかじめ電話にて手術/往診の有無の確認をしてから来院して下さい。
ページトップに戻る